TOEIC結果

こんにちは。最近更新できてなくて申し訳ありません。ちょっと忙しくてブログをやれていなかったのです。
1月のTOEICの結果は805点でした。
点数の低い原因
・新形式の問題をあまり解かなかった
・ほかのことがうまくいっていなかったため、昼夜逆転していた(筆者はうまくいかないことがあると次の日になってしまうことが怖くて眠れなくなるのです。筆者は学生なのです。)

1月はとても忙しかったのです。TOEICは何もないときに勉強していい点数を出しておかないと、他のことをしながらでは点数が出ないのです。

3月も受けますが、2月後半まで英語の勉強ができていなかったので3月高得点は厳しいかもしれないのです。でもできる限り頑張ろうと思う。

三浦九段の竜王戦不出場と連盟の処分について


business men / markus spiske


将棋で竜王戦への出場資格を奪われ挑戦者になっていたにもかかわらず挑戦者が変更されたという事件についに終止符が打たれました。

結果として
・三浦9段は白だった
・連盟理事、一部棋士の勘違いによってこのような事件になってしまった。
・第三者委員会(連盟が雇った弁護士)によれば処分は妥当

という見解が示されました。しかし、三浦九段の記者会見でも言われている通り、監視までつけて不審な点はなかった、ということがわかっていればそのまま出場させるべきである。
次の週に週刊誌の報道があることが確定されていても。

しかし起きてしまったことは仕方がない。冤罪はなくならない。
注目すべきは連盟理事、一部棋士の処分だ。
連盟は一部理事を減給3割を3か月、そのほかの棋士を減給1割を3か月という風になったらしい。
あまりにも安すぎるのではないだろうか。

三浦九段が失った損失は
・竜王戦の賞金
これは勝てば4200万、負けても1600万である。勝ちだと仮定して4200万の損失

・A級順位戦の不戦敗
これはこの後のA級順位戦も含めると5局の不戦局となっている。一局の対局料がおよそ100万円なので500万
あと不戦敗になった対局がどれくらいあるのかはわからないが、三浦九段は連盟に対してどれくらい請求できるのだろうか。名誉棄損などの慰謝料も含めれば5000万くらい行くのではないだろうか。

連盟理事について
ずっと将棋をやってきた人間がその後いきなり運営をやっていくというのはやはり難しいのではないか。将棋ソフト開発者ともめた件もそうだったけれどもいろいろと社会常識のない対応が続いているような気がしている。
理事は外部の人間を雇って健全な運営をしてもらった方がよいのではないか











おすすめの転職サイトです




これからの時代プログラミングと英語は絶対に必要なスキルになります。これを機に身につけましょう。Code campは今大人気ンオプログラミングスクールです



posted by くまモン at 14:23Comment(0)ニュース

私の習慣


Grafton Street / National Library of Ireland on The Commons

私が習慣にしていることです。参考になれば。何事も迷わなくなりますよ。
・準備をせずに行動する
・完成形を考えずに手を付ける
・新しい人、モノに出会う選択肢をとる
・厳しい環境になる選択肢をとる
・雑事は「めんどくさい」と思った瞬間にやる
・誰よりも早く終わらせる
・直観を何よりも信じる

人間は選択肢が増えると何も選べなくなり行動できなくなっていくものです。自分の中で選択の基準があればいちいち迷わなくて済み本当に必要なことにのみ時間を使うことができます。



おすすめの転職サイトです




これからの時代プログラミングと英語は絶対に必要なスキルになります。これを機に身につけましょう。Code campは今大人気ンオプログラミングスクールです



posted by くまモン at 01:13Comment(0)成功する思考